飲み水・なび 安全な飲み水 水道水と浄水器の水とミネラルウォーター 

飲み水のことは、ちょっとは知っておかねばなりません
That of drinking water, let's know

浄水器を買うなら、現在の状態にあったものを選びましょう。水質によって、ミネラルウォーターともうまく使い分けても。

浄水器をうまく活用する

水道水から、カビ臭やカルキ臭を効果的に取り除くには浄水器をうまく活用する事でしょう。

浄水器の基本構造は各社ともほとんど変わりません。 マイクロフィルター(中空糸膜)と活性炭を組合わせたものが主流です。

活性炭は多孔質で極めて広い表面積があり大変吸着性に優れています。
マイクロフィルターはその構造から、細菌やゴミだけが分離されます。

そして構造的には据置型と蛇口直結型がありますが、その違いは主に活性炭の量の違いに有ります。

そして商品比較テストによると、残留塩素はどの機種もよくとれています。しかしカビ臭の原因物質の除去や、味やにおいの官能テストでは据置型には問題が有りませんでしたが、蛇口直結型では成績が良くありませんでした。

また鉄分や鉛の除去については、中空糸膜使用のものが良い結果でした。
水の汚れの指標としての有機物の除去では据置型がよい成績でした。

  残留塩素除去 有機物の除去 官能テスト
据え置き型
蛇口直結型
どちらも中空糸膜使用 ・・・ 鉄分や鉛の除去 ◎

水の流水量がカートリッジの交換に関係してきます。本体価格だけでなくカートリッジ価格などのランニングコストや、扱いの簡便性なども含めて、 水道水の水質を考えて浄水器を選ぶ事が重要になります。

ということは

カルキ臭や味が気になる程度なら、蛇口直結型で十分です。据え置き型にくらべて安価です。 鉄分や鉛が気がかりであれば、ろ過材がマイクロフィルターの製品がよいでしょう。 そしてトリハロメタンや農薬には、活性炭量の多いものが威力が有るということです。

ただしカートリッジを決められた流水量(使用期間)で交換しないと、ろ過能力が落ちるだけでなく細菌が増殖したり、カビが発生して水道水よりも汚い水になってしまう危険性が有ります!カートリッジの交換などメンテナンスには十分注意しましょう。

浄水器でも心配だと言う人のために、ではミネラルウォーターではどうかという事について検討して見ましょう。

〔スポンサードリンク〕