「脳梗塞」の記事一覧

行者にんにく

cach_icon02

疲労回復に行者ニンニク!昔からいわれてましたが、普通のにんにくと違い成長が遅い希少な植物です。行者にんにくについて成分や昔からいわれている効能をここで紹介しています。ぜひ参考にしてください。

二次予防に効くクスリ

cach_icon02

死に至る場合も少なくない恐い脳梗塞・心筋梗塞の再発防止に効くクスリあるのでしょうか?アスピリン投与の実験結果がわかりました。

嚥下障害(えんげしょうがい)

cach_icon02

食事がのどを通りにくくなった、食事中むせてしまうなどの症状は摂食嚥下障害になっているのかもしれません。脳梗塞の後遺症による嚥下機能の衰えもあります。誤嚥性肺炎のリスクも高くなります。

夏場の血栓予防

cach_icon02

日本の季節の中で、夏が一番怖い、注意しないといけないのは脳梗塞と心筋梗塞の発作です。汗に関わる血液の話です。水分補給とタマネギの活用について簡単に説明しています。

体内水分不足の危険

cach_icon02

真冬に多いとされる『脳梗塞』は、夏にも発症するリスクが高くなります。メタボ肥満体型の方はもちろん決して肥満でない方も、水を飲まなかったら脳梗塞を発症する危険があります。

硫化アリルで再発防止

cach_icon02

高血圧状態が続くと動脈硬化が進んで、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の引き金になりますし、脳出血を発症した人は再発のリスクが極めて高くなります。食事の塩分は7グラム以下にして、ウォーキングなどを行い、減量に努めましょう

糖質制限する食事療法

cach_icon02

脳梗塞再発の大きな原因は血液の質が重要です。カロリー制限しても、なかなか下がらないのが血糖値ですが、「糖質」制限食でまずは血糖値を下げましょう。糖質さえ厳密にコントロールすれば、他に何でも食べられます。血糖は糖質により作られ、実はカロリーとは関係が少ないのです。

日本人に多い脳卒中タイプ

cach_icon02

高血圧は、自覚症状がほとんどないままに長年かかってひそかに血管を蝕んでいくので「サイレント・キラー」とも呼ばれ、脳卒中(脳梗塞)を引き起こす原因とされます。血圧が高い日本人に多いタイプの脳卒中の予防方法の記事です。

30-40代脳梗塞

cach_icon02

脳梗塞になった後遺症で力はいらず無理きかない身体になってしまって、再発を予防して早く仕事復帰したい働き盛りの30-40代ビジネスマンの方におすすめしたい。

再発防止は血液サラサラ

cach_icon02

いわゆる脳卒中とは脳梗塞・脳出血・くも膜下出血のことで、その発症状況と再発させない為の食生活、運動療法などと、どうして発症するのか、その原因となる動脈硬化についてそして動脈硬化に至る原因となる高血圧、糖尿病、高脂血症について、考えて見ましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ