食習慣・クセを見直して、大病を防ぎ進行を遅らせる!
最新情報を見聞きして分かりやすく投稿。

最新情報

2018年4月8日
未分類
季節の変わり目、木の芽時
気候の変化が大きいこの時期は、身体の変調をきたしぎみです。 1日の間でも、お天気次第でかったるい感じがしたり、晴れてると妙に元気で(から元気)テンションが上がってしまい、かえって疲れてしまうという経験、ありませんか? こ・・・
2017年12月13日
こぼれ話
キャノーラ油でボケが促進!!
カナダの油 皆さんはキャノーラ油の語源を知っていますか? それはカナダで生まれた油と言う意味です。それも初めは工業用油として、開発されたものなのですよ。 さらにこれがキャノーラ油否定派の根拠の一つなのですが、原料が遺伝子・・・
2017年11月29日
こぼれ話
健康は食事で決まる特に妊婦さん!!
子供が大人になる前と言うよりも、胎児の栄養管理時のお母さんの食事、いえいえ最新の研究発表では妊娠する前からの女性の栄養状態で、胎児の健康状態が大きく左右されるといいます。 妊娠を望む女性にとっては、なんと責任が重いことで・・・
2017年11月28日
糖尿病
変えにくい食習慣
お好み焼きでご飯・麺類でご飯・塩分の多い料理などなど、子供の時から疑問なく続けてきた食習慣で大人になっても、なかなか改まりません。 ですから糖尿病だと言われて、食事を変えろと言われても、容易に変えられずに、症状を悪化させ・・・
2017年11月24日
こぼれ話
タンパク質の糖化を減らすには?
食事の前に水溶性食物繊維を多く含む食材を食べることが肝心です。 糖質の吸収を遅くして血糖値の上昇を抑えて、急激な血糖値の上昇を抑えられます。 それと共に緩やかな糖質制限食を持続して、血糖の総量規制を続けることです。 昔か・・・

ココナッツオイル食べて改善

認知症の約半分がアルツハイマー型です。特に女性に多いといわれ、加齢とともに発症リスクが大きくなってきますが、最近は男性も若年性アルツハイマー発症することが少なくありません。でもココナッツオイルで予防改善されることがわかりました。

季節の変わり目、木の芽時

気候の変化が大きいこの時期は、身体の変調をきたしぎみです。 1日の間でも、お天気次第でかったるい感じがしたり、晴れてると妙に元気で(から元気)テンションが上がってしまい、かえって疲れてしまうという経験、ありませんか? こ・・・

キャノーラ油でボケが促進!!

カナダの油 皆さんはキャノーラ油の語源を知っていますか? それはカナダで生まれた油と言う意味です。それも初めは工業用油として、開発されたものなのですよ。 さらにこれがキャノーラ油否定派の根拠の一つなのですが、原料が遺伝子・・・

健康は食事で決まる特に妊婦さん!!

子供が大人になる前と言うよりも、胎児の栄養管理時のお母さんの食事、いえいえ最新の研究発表では妊娠する前からの女性の栄養状態で、胎児の健康状態が大きく左右されるといいます。 妊娠を望む女性にとっては、なんと責任が重いことで・・・

変えにくい食習慣

お好み焼きでご飯・麺類でご飯・塩分の多い料理などなど、子供の時から疑問なく続けてきた食習慣で大人になっても、なかなか改まりません。 ですから糖尿病だと言われて、食事を変えろと言われても、容易に変えられずに、症状を悪化させ・・・

タンパク質の糖化を減らすには?

食事の前に水溶性食物繊維を多く含む食材を食べることが肝心です。 糖質の吸収を遅くして血糖値の上昇を抑えて、急激な血糖値の上昇を抑えられます。 それと共に緩やかな糖質制限食を持続して、血糖の総量規制を続けることです。 昔か・・・

かぜ薬のコマーシャルの氾濫

夏が終わって、涼しくなるとテレビに溢れかえるほどのかぜ薬のコマーシャルが流れています。 皆さんがどれほどに、かぜ薬を使ってるのか分かりませんが、製薬会社はボランティアではないのでこれ程の量のコマーシャルを、大金を投じるの・・・

食後高血糖でもヤバイ! 若さの秘訣

劣化したタンパク質の成れの果て物質 もちろん糖尿病は論外ですが、食後高血糖も全く人の体そのものにとって、大問題な極めて危険な状態なのです。 それは何かというと「タンパク質の糖化」です。 人の体は骨以外はタンパク質と脂肪酸・・・

最近の研究の傾向_心筋梗塞とナッツ類

以前は病状を改善する方法に、重点が置かれていました。が、このところの最新の研究結果として、 「大規模で長期間にわたる生活習慣や食習慣が、引き起こす病状の分析」が数多く発表されています。 取りあえず実践メカニズムは後 心筋・・・

ビタミン新時代に

ビタミンDの新たな働き 米国ではかねてから国土の広さから、地域による疾病について統計的な調査が大学などの研究機関で、広く行われてきました。その中で細かな分析の過程で、V・Dの血液中の濃度の違いが北部と南部の地域でかなりの・・・

ビタミンC驚異の新情報

ビタミンCといえば、ついこの前まではお肌に良いなどといった事しか言われなかったし、厚労省の摂取基準は壊血病にならないための最低の量ですが、まず言われ始めたのが抗酸化作用で、活性酸素を無害化するのでたくさん撮りましょうとい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ