かぜ薬のコマーシャルの氾濫

夏が終わって、涼しくなるとテレビに溢れかえるほどのかぜ薬のコマーシャルが流れています。

皆さんがどれほどに、かぜ薬を使ってるのか分かりませんが、製薬会社はボランティアではないのでこれ程の量のコマーシャルを、大金を投じるのはズバリ儲かるからですよね。

人気の女優さんを使うコマーシャルもコストがかかりますが、長年の経験でそれだけコストを掛けても十分儲かることが、わかっているからですね。

 

薬の怖さは?

では、みんなはなんでかぜ薬を服用するんでしょうか?

かぜ薬って、単に鼻水や発熱や喉の炎症などを抑えるだけで罹った風邪を、根本的に完解させる効果はないのにね。

変に薬を使うとかえって治るのが遅れるし、症状が出ていれば他人にうつす危険性があるのですよ。

それに極まれなことですが、薬剤を服用すると、とても重度の症状が出る「スティーブンスジョンソン症候群」という、恐ろしい副作用があってメカニズムは未だに解明できていません。

そして基本中の基本である「薬は毒でもある」ということを人々は、忘れちゃったのかあるいは、若い人たちは知らないのかもしれませんね。

私が総胆管結石で入院した時は、石が取れるまで、それはもう物凄い痛みで看護師さんに、鎮痛剤をたびたび要求したら、「胃に穴が開いちゃうので連用はダメ」と言われ、座薬を入れてもらいました。

鎮痛剤でも座薬でも完全に痛みがとれるわけではないのですが、無いよりはましでした。

そんなとき以外は薬は飲みませんよ。ビタミン剤は別ですが、まあこれは一応医薬品となってますが問題ないでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ