ビタミンC驚異の新情報

ビタミンCといえば、ついこの前まではお肌に良いなどといった事しか言われなかったし、厚労省の摂取基準は壊血病にならないための最低の量ですが、まず言われ始めたのが抗酸化作用で、活性酸素を無害化するのでたくさん撮りましょうというものでした。それが関連するのですが、より具体的な症状とも言える状態にも、効果が有ることが最新の研究分析で明らかになりました。

それは「ストレスに対抗する」と「疲労を感じにくくする」というものです。

活性酸素の量を減らすことによって、脳や自律神経が反応するこれらの状態を、ビタミンCが改善するというものです。専門医の話では1日に2000ミリグラムを3回くらいに分けて摂取することを推奨しています。ビタミンCは水溶性ですので体内に4~5時間しか残留せずに排出されるので、分けて摂取することが望ましいということで、大量に摂取した時の副作用としては感受性の強い人は軟便になることが有るくらいで、心配無いと言う事です。

その他の抗酸化物質

ビタミンAとEがやはり抗酸化作用がありますから、適度に摂取するのは有効です。ですがこの二つのビタミンは脂溶性ビタミンですので身体に蓄積されますから、摂り過ぎると副作用が起こるのでサプリやビタミン剤で摂るのではなく、食事から摂ることが望ましいということです。そして今話題のポリフェノールも有効ですが、ビタミンCよりも身体に残る時間が短いという研究も有るので、あらゆる抗酸化作用の有る物質を取り入れて、活性酸素に対抗していくことが有効なのだと言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ