健康は食事で決まる特に妊婦さん!!

大人になる前と言うよりも、胎児の栄養管理時のお母さんの食事、いえいえ最新の研究発表では妊娠する前からの女性の栄養状態で、胎児の健康状態が大きく左右されるという、妊娠を望む女性にとってはなんとも責任の重さがのしかかってきたものですが、元はと言えば子供を産むという事は、命がけの行為でしょう。現在でも発展途上国では、妊婦さんの出産に伴う死亡例は先進国に比べると、かなり多いですよね。そして生まれた子供の栄養状態が悪いことは、国境なき医師団なども訴えています。さらに恐ろしいのは、胎児の時の母親の栄養状態だけではなく、3歳位までの幼少期の栄養状態が不適切であると、なんと成人してからの生活習慣病の発症リスクが、確実に高くなるという最新研究も出ています。母親の責任は生まれた後も、幼少期の栄養管理をしっかりしないと、子供が成人になった後も祟ってくるという、なんともやりきれませんが、これが一番最新の子供の栄養管理の必要性を示すものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ