「認知症」タグの記事一覧

認知症

老化による脳の働きが低下する認知症は、増えつつあり家族の心理的・経済的な負担は大きく、深刻な社会問題のひとつです。血管の障害で起こる認知症は、予防と治療が可能なのでアンチエイジングに取り組みましょう。

米糠のフェルラ酸

糠漬けに使う「ぬか」に含まれている「フェルラ酸」がアルツハイマー型認知症予防に有効なことは知られていましたが、研究が進み量産できるようになりました。期待したい素晴らしいことなので、そのフェルラ酸の働きや動向を紹介します。

チーズで認知症予防

最新情報アミロイドβを排除する働きがある物質が入っている食べ物とされたカマンベールチーズ。

認知症リスク1.7倍

糖尿病だとアルツハイマー型認知症になりやすい理由 糖尿病予備軍や隠れ糖尿病患者は、アルツハイマー型認知症になりやすいという、そのメカニズムを分かりやすく説明しています。知って備えましょう。 最新アルツハイマー認知症情報 ・・・

葉酸で認知症予防

ビタミンMともいわれる葉酸の新たな効能は、すでに身近な病気「認知症」を防いでくれることです。仕組みを知って葉酸は意識して摂るようにこころがけましょう!

ココナッツオイル食べて改善

認知症の約半分がアルツハイマー型です。特に女性に多いといわれ、加齢とともに発症リスクが大きくなってきますが、最近は男性も若年性アルツハイマー発症することが少なくありません。でもココナッツオイルで予防改善されることがわかりました。

アルツハイマー型は防げる

高齢者だけでなく最近40代50代で発症する若年性アルツハイマー病は、予防できることがわかっています。その原因物質をためないように防いでくれるインスリン分解酵素の働きを助ける食生活を記事にしました。

認知症の人との接し方

ちょっとした異常を見逃さない。認知症は日常生活では意外と気づかないものです。通常の老化現象と区別がつきにくい一面もあります。 いつもと違うと感じたら、即専門医に行き早く対処しましょう。認知症を進行させないためにも、早期発見が大切です。

生活習慣から来る認知症

もの忘れが老化現象だからといって諦めてはいけません。不規則な生活や悪い生活習慣を改善しなければ、やがて認知症の始まりとなります。身体を動かす事が大切ですから、積極的に散歩などを毎日とりいれて新陳代謝を活発にして、身体の血流をよくして脳細胞に栄養や酸素を取り入れるようにしましょう。

認知症予防する食品成分

高齢に発症する病気の多くは血液の循環が悪くなっておこります。ボケ・認知症もその一つです。 血液の流れを良くすることが認知症防止にもなるのです。食べるべき食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ