食習慣・クセを見直して、大病を防ぎ進行を遅らせる!
最新情報を見聞きして分かりやすく投稿。

腸内細菌が糖尿病に深く関わっている_人工甘味料の是非

cach_icon03

すこし前になりますが、 2014年9月に英国のネイチャーに、糖分摂取を避けるために糖尿病患者や肥満の人や、ダイエットに励む若い女性たちが愛用してきた人口甘味料が、逆に糖尿病リスクを高めるという研究結果が示されたのです。 ・・・

抗がん剤は効かないどころか死を招く

cach_icon11

万が一ガンだと言われても、医者の言うがままに手術などは絶対にしない事!! 抗がん剤は毒薬なので、一部の血液のガン以外はこれも医者に言われてもダメ!! アメリカやヨーロッパでもすこし前までは、ガンなら手術と抗がん剤でした。・・・

ホモシステインてなんだ?動脈硬化との関わり

cach_icon06

よく言われますが、 血中ホモシステイン値が高いと動脈硬化になりやすい とか 葉酸不足だとホモシステイン値が上がり心疾患になりやすい とか言われます。ここではホモシステインと、疾患にいたるメカニズムを見てみました。 ホモシ・・・

抗生物質が効かない。多剤耐性菌が急増

cach_icon11

抗生物質の乱用 共同通信によると「抗生物質が効かない薬剤耐性菌」が世界で急速に拡大しています。 2050年には、年間1千万人が、この菌で死亡するという予測もあり、これは抗生物質の使いすぎによるといわれます。 世界保健機関・・・

潔癖症と除菌で子供が生きられない

cach_icon11

汚れと黴菌(ばいきん)、清潔さのありようは昨今、いいも悪いも顕著に認識され始めたように思えます。 なかでも、 モンスターペアレントと呼ばれるバカ親が、色々騒いでいる中で先々自分の子供の命に関わる大切なことを「外で遊ばせる・・・

まさか!口呼吸で顔つきが変に

cach_icon11

あなたは鼻呼吸か口呼吸か?無意識の呼吸で悪影響 これまでも、口呼吸のディメリットや睡眠時無呼吸症候群などのリスクが、多く取り上げられてきました。 ここでは、女性にとって重要な美容的なポイントやお顔のことをメインに取り上げ・・・

美肌は「表皮ブドウ球菌」で守られている

cach_icon10

ハリのある肌の栄養のために毎日サプリでスキンケアするのが即効・最優先です。

お肌にとって酸化と糖化どちらがより危険

cach_icon10

これまでは、圧倒的に活性酸素によるダメージが様々なケースにおいて、強調されてます。 お肌のダメージについても、お肌を若く保つためにビタミンCやビタミンEといった抗酸化物質の有効性が、指摘されてきましたね。 ところが、最近・・・

髪の毛のツヤ・こし・色あせもAGE

cach_icon10

髪の毛も糖化が進むと・・・ 髪の毛は爪と同じケラチンというタンパク質でできています。 そしてケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。 ということはそうです「糖化」によって皮膚と同じように、髪の毛のタンパク質もAG・・・

女性のお肌の本当の敵はAGEだ!!

cach_icon10

老けさせるのはAGE(エージーイー) AGE(終末糖化産物)は最近になってよく耳にする物質名です。 この方面の研究が進んでいくにつれ、徐々にそのどうしようもなく悪い実態が、明らかになってきました。ここでは女性の美容と密接・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ