美肌は「表皮ブドウ球菌」で守られている

「表皮ブドウ球菌」がないと悲惨!

最近 『腸内細菌の重要性』がクローズアップされて、腸内環境を良くする食品が多く出回っています。

女性の重要なファクターであるお肌の状態を良好に保つのにも、細菌が極めて大きな役割を果たしています。でも、ほとんどの女性が肝心の事実を知らずに、美肌・保湿・ハリ・ツヤなどなどを求めて、化粧品の無限とも思える迷路の中をさ迷っているのでは?

そしてスキンケアにかける費用も相当な金額でしょう。どうでしょう、一度全部とは言いませんが、顔や身体にやたらに色々な物をぬるのをちょっと止めてみませんか。少なくともこのレポートを読んで考えてみて下さい。

試してみる価値大いにありです。

shufu01

化粧や化粧おとしのやりすぎはお肌の自滅行為

人間の身体には約100兆個ともいわれる常在菌が、身体の内外で生息して私たちのために様々な働きをしてくれています。

一例として表皮ブドウ球菌が活発に働いてくれるからこそ、お肌がしっとりツヤツヤでいられるのです。

この菌は皮脂や汗の成分を取り込んで、産生物質を出します。それが皮膚に残って皮脂や汗と混ざることで、しっとりツヤツヤのお肌が保たれるのです。

つまり美肌を望むのならば表皮ブドウ球菌をしっかり育てなければ、お肌は荒れてしまうのです。つまりお化粧はしょうがないにしても、ただ薄ければ薄いほどお肌のためには良いのです。

顔洗いすぎて悪化する

そして必要以上にお肌をゴシゴシ洗っていると皮膚を傷つけ大切な表皮ブドウ球菌が減ってしまい、お肌のためになりません。普段からガンガン洗っていると、菌の数が減って表面上はさっぱりしてもお肌の状態はどんどん悪くなります。これは、意図に反して逆効果。

顔だけではありません身体も同じことが言えます。逆説的に言えば、お肌が綺麗な人は化粧していなくても、十分美しいのです。

表皮ブドウ球菌のエサつくり

それは適度に汗をかくことで、供給されますから汗をかくことを極端に嫌がらずまた必要以上に強力な洗顔剤を使わないことです。こまめにシャワーを使えばそのたびごとにボディーシャンプーなどは必要ないどころか、かえって皮膚のためにはできるだけ使用は控えたほうが、菌のためにも良いのです。

ニキビの元アクネ菌も常在菌

本来無害なアクネ菌が何かの原因で、皮膚の毛包部で増殖してしまうことがあり、⇒そのために皮膚に炎症が起こって、⇒結果にきびの出現となることがありますね。

アクネ菌の異常繁殖の原因

そもそも、無害であるはずのアクネ菌を異常な状態にしてしまう原因は何でしょう?

現在、理由としてとして有力視されているのが、「肉の脂」です。

ニキビ状態の変化を見定めよう

動物性油脂ということなので、頑固なニキビでお悩みの方は、食事の内容に少しだけ変化をつけてみましょう。

まず、⇒料理に『バラ肉』など脂の多い部位は使わない食べない。しばらく様子を見て、効果がでなければ、⇒お肉を食べる量そのものを減らして、食べるなら脂の少ない鶏肉を使うというように、お肌のにきびの経過観察です。

常在菌に守られている身体

私たちの皮膚にいる常在菌は悪玉ではなく、むしろ私たちの皮膚を守ってくれている絶対に無くてはならない非常に大切な存在です。これは美肌だけではなく、免疫系や有害なものが皮膚から侵入するのを防いだりしますし、他にも多くの面から人の身体を守っています。

このところ異常ともいえる『バイ菌アレルギー』ともとれるような、対策製品が出回っています。クリーンルームのようなあたかも無菌状態がベスト!かのような風潮ですが、明らかにいきすぎ、やりすぎだと思います。

当然スキンケアだけでなく、人間の身体も腸内細菌や皮膚の常在菌で守られています。

ヘルシーさで世界に冠たる日本食はまさに菌による発酵食で成り立っているわけですから、その働きを知った上で正しく対応しましょう。

皮膚は身体の中心の心臓や肝臓といったところから、一番遠い存在です。ということは、栄養がいきわたるのにも最後の部位となります。毛細血管まで長い道のり(笑)です。

そこで必要となってくるのは、お肌にとって大切なもの(内側から皮膚を上質なものに作り上げるもの)、栄養と酸素をいきわたらせる血液と血管です。

手足のツメ、毛髪にいたるまで、すべてに栄養が行き渡る道なくしては、どうしようもない。

お肌の栄養アップに毎日サプリでスキンケア

■ アリウムエクセラ(ポーラスターインク)
アリウムエクセラアリウム公式ページマーク

栄養たっぷりの質のいい血液をサラサラめぐらせる!血流が良くなると、美肌の大敵『冷え性』も改善、むくみ予防にもぜひお試しください。免疫力もあがるので、さまざまなアレルギーにも効果的です。

さらにこのサプリメント、かなり即効性も高く、疲労回復効果あり。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ