タンパク質の糖化を減らすには?

食事の前に水溶性食物繊維を多く含む食材を食べることで、糖質の吸収を遅くして血糖値の上昇を抑えて、急激な血糖値の上昇を抑えられます。それと共に緩やかな糖質制限食を持続して、血糖の総量規制を続けることです。昔から権力者にとって不老不死は永遠のテーマでしたが、生物学的に不可能ですが老化(劣化)を緩やかに遅らせることはできますからね。皆さんは年齢の割に若々しいとか、とても年齢どうりとは思えないほど、老けて見えるとかという会話に出っくわしたことがあるでしょう。そうそれが、劣化の(老化現象)の個人差なのです。機械や家屋や車両なども新品からしばらくは、見場が良くてもある時から急にへたりが目立ち始めますよね。人間も似たようなもので日々の努力が、欠かせません。何度も繰り返しますが、糖尿病は論外にしても食後の血糖値の急上昇、最近は血糖値スパイクという表現も使われていますが、この状態でも糖化は進むので、日々の食事だけではなくおやつやデザートの血糖値スパイクもさけなければなりませんから、どかぐいや清涼飲料のどかのみもアウトです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ