血中コレステロール

コレステロール悪玉善玉

健康診断で必ず取りざたされるコレステロール、気にしすぎても…。
おじさんの絵

コレステロールは悪くない

驚くことに体内のコレステロールの7割前後は体内で合成されています。

だから、食事からコレステロールをまったく摂らなくても、血中には少なめですがコレステロールはあります。

また、たとえ食事から摂りすぎても、健康な人なら一定量以上は吸収されません。食事から多く入れば合成が減り、それでも多ければ肝臓などに貯める働きで血中コレステロールは一定に保たれるのです。

ただし高コレステロールの人はダメなのです。多く含む食品はセーブしなければなりません。

なぜなら正常に保つメカニズムが乱れているので、コレステロールを蓄積しやすくなっているからです。今体内にある分を減らさなければならないので、食事から摂る量を減らさねばなりません。

コレステロールを気にしなくて良いのは、あくまでもメカニズムが正常な人だけですよ念のため。

コレステロールの欠乏と過剰摂取

ちなみに、血中コレステロールが低すぎると、細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力が低下したりするので脳出血の要因となります。逆に増えすぎると、高コレステロール血症、高脂血症、動脈硬化等を招き、 さらには、脳卒中、狭心症、心筋梗塞に進むリスクがあがります。

コレステロールの多い食品は、玉子、魚卵、肝、内臓ごと食べる魚等ですね。

成分が違うサプリメント

■ アリウムエクセラ(ポーラスターインク)
アリウムエクセラアリウム公式ページマーク
行者にんにく成分が血流をよくして、高血圧、中性脂肪などを抑制してくれます。 「産官学」プロジェクトから生まれたサプリ。血液と血管と脳のために飲んでます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ