足の切断に至る動脈硬化

怖い!足の切断に至る糖尿病の動脈硬化症状の恐怖

動脈硬化が進むと、足が冷たく感じる、痛みを感じる、足の脈拍が無くなると言う症状が現れます。治療しないと足の先から血管が詰まっていき、壊疽(えそ)を起こしてしまいます。そして治療が遅れると足を切断しなければならなくなります。

歩行困難 足の先から血管がつまっていく

糖尿病では脳と心臓の他で動脈硬化が進行しやすく、症状が出やすいのが足の血管です。
動脈硬化が進むと、

  • 足が冷たく感じる
  • 痛みを感じる
  • 足の脈拍が無くなる

と言う症状が現れます。 これを下肢閉塞性動脈硬化症と言います。
最初は、ひざのうらや頸骨に起こり、歩いているとふくらはぎなどがこわばり痛くなります。更に悪化するとちょっと歩いただけで痛くなり、歩くことが困難になってきます。

治療しないと足の先から血管が詰まっていき、壊疽(えそ)を起こしてしまいます。そして治療が遅れると足を切断しなければならなくなります。

血糖値下げないと、動脈硬化が進み壊疽をおこす

糖尿病で血糖値を下げないでいると、動脈硬化が進み壊疽をおこします。
糖尿病の恐ろしい事は、発症しても初めは全く自覚症状がないことです。血糖値が高いからすぐに心筋梗塞や脳卒中を起こすわけではないので、多くの方がそのまま間違った食生活や生活パターンを続けてしまいます。

そして厄介なのは間違った食生活や生活パターンは着実にその方の生活に根を張り、食習慣などが間違ったまま嗜好性や好き嫌いなどが、より強固な嗜好性として強く脳にインプットされてしまう事です。

生活習慣病としての糖尿病は多くはそれだけでなく、高脂血症や高血圧などと合わせて進行していきます。それらが相互に作用してさまざまな症状を引き起こします。その一つが足の障害です。

車いすのシルエット

糖尿病で心臓と脳以外で動脈硬化がよくみられる場所としては、足の血管です。足の血管に動脈硬化が起こると、足が冷たく感じたり、痛みを感じたり、足の脈拍がなくなったりする症状が起こります。これを下肢閉塞性動脈硬化症(かし へいそくせい どうみゃくこうか しょう)といいます。

最初は、ひざのうらや頸骨に起こり、歩いているとふくらはぎなどがこわばり痛くなります。少し休むと痛みはなくなりますが、症状が悪化してくると、ちょっと歩いただけで痛くなり、歩くことが困難になってきます。これを間欠性跛行(かんけつせい はこう)といいます。

この病気は進行が速いので、治療しないと足の先から血管が詰まっていき、壊疽(えそ)を起こしてしまいます。

壊疽とは、傷などに細菌が感染することで、そこが化膿(かのう)してしまい、細胞が死んで腐ってしまう病気で、足に起こりやすいです。

壊疽が悪化すると、足を切断しなければならなくなることもあるので、十分注意が必要です。恐いですね…

糖尿病とはどんな病気なの?

そもそも糖尿病とはどんな病気なのでしょうかそう聞かれると、なかなか答えられません。

糖尿病とは、簡単に言うと、血液の中のブドウ糖が増えてしまう病気です。
血液のブドウ糖が増加することは、実は誰でもあることです。ただ、普通は一定時間が経過すると血液中のブドウ糖はエネルギーに代わり、少なくなっていきます。

糖尿病の方は、この血液中のブドウ糖が少なくなりません。そのせいで、いろいろな合併症(他の病気)を引き起こしてしまうので、とても危険なのです。

糖がエネルギーに変わるまでのことを、「糖代謝」といいます。
糖尿病の方は、 この糖代謝がうまくいかないために起こります。そして糖代謝に欠かせないホルモンが「インスリン(インシュリン)」です。インスリンのおかげで、血液中の糖がエネルギーとなり、血液中の糖を減らしてくれるのです。

血液中の糖のことを「血糖」といいます。
そして、血糖の濃度を「血糖値」といいます。糖尿病とは、インスリンが正常に作用しないために血糖値が高くなってしまう病気なんです。糖尿病というと、その文字から「尿から糖が出る病気」というように勘違いする方もいらっしゃいます。もちろん、糖尿病により尿から糖が出ることは ありますが、それは糖尿病がかなり進行(悪化)している状態なので、尿から糖が出ていなくても血糖値が慢性的に高ければ、「糖尿病」であるといえます。

糖尿病とは、「インスリンが正常に作用しないために血糖値が慢性的に高くなってしまう病気」というわけなんです。そこでもっとも効果的で、一番重要な治療法である「食事療法」は、適正におこなうことで、たちまち糖尿病が改善されることも少なくありません。

食事療法が効果的

それでは、なぜ、それほどこの 食事療法が糖尿病の治療には効果的なのでしょうか?

食事の量により、インスリンの分泌量が影響されます。糖尿病の人はインスリンの作用が低下しているので、糖質を食べ過ぎると、さらにインスリンの作用が低下して血糖値があがってしまします。

食事療法は、不足しているインスリンの働きにあった量の糖質をとるようにコントロールすることです。そうすることで、糖質から得たブドウ糖をインスリンがうまくエネルギーとして利用できるんですね。

そして、血糖値をおさえ、膵臓の負担を軽くして、再び十分な力を発させることができるんです。

糖尿病の治療とは、「合併症を発症させないようにする」または「合併症がこれ以上進行しないようにする」ことが大きな目的となります。その目的のためにいちばん効果的で重要な治療法が食事療法なんです。

サプリメントの活用

食事療法をしっかりと行えば、合併症を発症させず、 正常に近い状態で生活することができます。

食事療法に合わせて身体の状態をより良くしようとするサプリメントが、色々出回っていますが、 中でも最近注目の血液をサラサラにする成分の硫化アリルを濃縮して作られたものがあります。

正しい食生活にプラスして、硫化アリルのサプリをうまく活用して血糖値をうまくコントロール して、糖尿病の合併症を発症させずに生活しませんか。

血糖値コントロールに役立つサプリメント

■血液サラサラ【アリウムエクセラ】

アリウムエクセラ

高血圧、中性脂肪などを抑制してくれる硫化アリルが凝縮されています。
北海道の産官学プロジェクトチームで開発され、その高機能性は目をみはるものがあります。公式サイには、開発者の動画説明や血流改善による症状の変化を体験した人たちの話を読んで、是非参考になさってください。

※時々1か月分無料になるキャンペーンをやっていることがありますので、チェックしてください。

他の有効な成分配合のサプリメント

■にんにく卵黄(健康家族)
健康家族/《にんにく卵黄》
農薬や化学肥料を使わずに栽培したにんにくを使用。「こだわり」と「安心・安全」の健康補助食品
※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要です。


■DHA&EPA(サントリー)
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
青魚のサラサラ成分、DHAとEPAです。その栄養パワーアップにセサミンとビタミンEもしっかり配合されてます。
※どうしても肉寄りの食生活に。


■やずやのにんにく卵黄(やずや)
やずやのにんにく卵黄
にんにく卵黄⇒10日分増量!
青森県産の「福地ホワイト六片」“にんにく”と海と山の恵みだけで育った鶏の有精卵の“卵黄”をギュッとカプセルに詰めた健康補助食品です。
※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要です。


■熟成にんにく卵黄(八幡)
やわたの熟成にんにく卵黄
朝から元気に過ごしたい方におすすめ!やわたの【熟成にんにく卵黄】
青森県産にんにく、熊本県産有精卵など厳選素材のみ使用で、安全かつ栄養価の高いにんにく卵黄です。
※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要です。


■黒酢にんにく(サントリー)
【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!
【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!
黒酢の名付け親でもある鹿児島県の坂元醸造産の“黒酢もろみ”と青森県のブランド種にんにく“福地ホワイト六片”が入ってます。 ※クセの強い黒酢が苦手な方もこれなら楽です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ