糖質制限する食事療法

糖質制限食にする食事療法で脳梗塞を2度と再発させない
なかなか下がらない血糖値を食事でコントロールするために、炭水化物を見直す糖質制限。カロリー制限でうまくいかない人にも、ゆるい糖質制限食の記事です。

脳梗塞再発の大きな原因は血液の質が重要です。

カロリー制限しても、なかなか下がらないのが血糖値ですが、「糖質」制限食でまずは血糖値を下げましょう。糖質さえ厳密にコントロールすれば、他に何でも食べられます。血糖は糖質により作られ、実はカロリーとは関係が少ないのです。

糖質制限食で劇的成果をあげましょう。
合わせて、食事療法で脂質を極力取らずにコントロールすると高脂血症も改善されます!

カロリー制限から糖質制限で血中の糖と脂質低下

脳梗塞を再発させないために、カロリー制限から食糖質制限食に変更しませんか?

血糖値が下がらないのは、カロリーを下げても血糖の元の糖質はたくさん摂っているからです。これでは苦労してカロリー計算をして、メニューに気を配りなんとか美味しく食べようとしても、本来の目的である血糖値低下につながらず、症状の改善がみられません。

家族のイメージイラスト

糖質さえ厳密にコントロールすれば、他に何でも食べられます。蒸留酒であれば晩酌もOKです。

脳梗塞再発の大きな原因は血液の質が重要ですから、糖質制限食でまずは血糖値を下げましょう。

そして脂質も摂取する量を合わせて減らせば、高脂血症の改善にもつながり、まさに一石二鳥でしょう。始めると比較的短時間で変化が見られます。

×食べてはいけない食品

糖質の代表といえば・・・

米・麦・麺類全て(パスタ含む)・イモ類
砂糖・糖分の入った食品全て(お菓子、チョコ)・フルーツ全部
蒸留してない酒(ビール・日本酒・ワイン・マッコリなど ※糖質ゼロのビールはOK)

見落としがちですが調味料がやっかいで、基本的には砂糖の入っていない醤油と塩とお酢以外はダメです。
ちなみに、なんと高カロリーの代表マヨネーズは良いですが、タルタルソースになるとダメです。

オイスターソースもダメでケチャップもダメ。
加工調味料はほとんど砂糖が入っているので、カレールーも含めてダメです。てんぷらなど衣のついた揚げ物やパン粉の入ったハンバーグもNG。パン粉の代わりにおからを使えば大丈夫です。大豆粉はOK(こうや豆腐を粉にする人もいます。) から揚げは片栗粉なしであげればOKです。
味噌もだめです。(豆味噌は糖質が米麦味噌の半分くらいですが…。)

原理原則がわかれば難しくありません。カロリーのような計算がいりません。牛乳と乳製品も大丈夫そうですが、乳糖が含まれるのでダメです。

待ったなしで血糖をさげるためには、一日に摂っても良い糖質は20グラム程度とされています。これは通常のおにぎり大体半分くらいです!どの糖質で摂るか、良く考えて食べてください。

※ゆるい糖質制限食ダイエットの場合は、一食あたり40グラムとされています。

○食べて良い食品

お肉全てを量に関係なくOKですが、脂はできるだけ避けましょう。
魚もOK、野菜、 焼酎・ウイスキーなどの蒸留酒、糖質ゼロと表示のあるビール、かまぼこ・ちくわなどの練り製品(砂糖が入っていない)とくに加工食品で砂糖が使っていないもの、例えば割きイカでも甘辛く味付けしているのはダメです。

×糖質制限食の適さない人

糖尿病や腎臓病で腎臓が悪く、医者からたんぱく質の制限を受けている人。それから明らかに痩せている人には向きません。

脂質について

原則として「油っこいもの制限無し」ですが、高脂血症を考えると別な部分で脂質は抑え気味にすべきです。脳梗塞などができやすい(かくれ脳梗塞)人は心配です。

糖尿病になると、循環器系疾患の全ての原因となる症状が全て現れます。高脂血症・高血糖・高血圧とこれらの症状から動脈硬化が進行してしまいます。肉好きな方は、ぐっと我慢して、サシの入った高級牛肉や豚ばら肉は避けて、赤身の肉にして下さい。

オリーブオイル・グレープシードオイルなどはかまいませんが、動物のアブラの脂肪は極力避けましょう!
かわりに、魚のあぶらはむしろどんどん食べると良いです!EPA/DHAは特に青魚に多く含まれる血液サラサラ成分です。

血糖値低下と栄養について

カロリー制限食が当たり前のなかで、関心が高まってきた糖質制限食ですが、お肉で満腹にというのは脳梗塞再発を防ぐ食事として、ふさわしくありません。脂が多くなる危険性があります。
野菜もしっかり摂ってビタミンやミネラルの事もしっかり頭に入れて食事をしましょう。

糖質制限だけやって、痩せて血糖値を下げればいいわけではありません。必要な栄養素をとるために補助的にビタミンやミネラルの栄養サプリメントを積極的に取り入れても良いと思います。

内臓脂肪が増加したり脳梗塞再発も、すべて血液の質の問題なので、サプリメントも良く吟味して選びたいものです。糖質制限食にプラスしてバランスの良い身体にしていきましょう!

血液さらさら健康に保つサプリメントを比較

■アリウムエクセラ(ポーラスターインク)
アリウムエクセラ
行者にんにく成分が血流をよくして、高血圧、中性脂肪などを抑制してくれます。
希少植物ギョウジャニンニクの硫化アリルは、普通のニンニクの4倍もあるそうです。それに、タマネギの希少物質DPTS製造に特許をもっている(認知症の予防に)優れもので、「産官学」プロジェクトから生まれたサプリでいちおしします。


■DHA&EPA(サントリー)
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
青魚のサラサラ成分、DHAとEPAです。その栄養パワーアップにセサミンとビタミンEもしっかり配合されてます。 ※どうしても肉寄りの食生活に、ω(オメガ)3脂肪酸摂取。

■やずやのにんにく卵黄(やずや)
やずやのにんにく卵黄
にんにく卵黄⇒10日分増量!
青森県産の「福地ホワイト六片」“にんにく”と海と山の恵みだけで育った鶏の有精卵の“卵黄”をギュッとカプセルに詰めた健康補助食品です。 ※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要ですが、、糖質制限にはひっかかりません。大丈夫。

■熟成にんにく卵黄(八幡)
やわたの熟成にんにく卵黄

朝から元気に過ごしたい方におすすめ!やわたの【熟成にんにく卵黄】
青森県産にんにく、熊本県産有精卵など厳選素材のみ使用で、安全かつ栄養価の高いにんにく卵黄です。※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要ですが、、糖質制限にはひっかかりません。大丈夫。

■黒酢にんにく(サントリー)
【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!

【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!
黒酢の名付け親でもある鹿児島県の坂元醸造産の“黒酢もろみ”と青森県のブランド種にんにく“福地ホワイト六片”が入ってます。 ※クセの強い黒酢が苦手な方もこれなら楽です。

■オルニチン(協和発酵バイオ)

1粒でシジミ300個分のオルニチンを含む健康実感アミノ酸サプリですし、お試し価格ワンコインで購入できるのは嬉しいですね。お酒をたくさん飲まなくてはいけない方には特におすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ