脳梗塞の再発を防ぐ

脳梗塞の再発を防ぎ、リハビリも進む血液サラサラの身体にする

リハビリ脳梗塞で入院中のリハビリテーションは、なるべく早く始めることが重要です。 リハビリテーションは、後遺症の残る患者さんに対して、日常生活の自立と、早期の社会復帰を支援することを目的としています。後遺症を少しでも軽減して、可能な限りもとの生活に戻れるように、なるべく早い時期から体を動かす訓練を開始します。

脳卒中になったらどの程度回復するのでしょうか。発症後1年以内に約2割の方が亡くなられます。生き延びた方の約7割は自分の身の回りのことができるようになります。

あきらめずに、リハビリテーションによって機能回復をめざしましょう。脳卒中後の回復は個人差がありますが、普通、最初の数ヶ月で著しく回復し、その後、半年くらいまで緩やかな回復が続きます。

発症後半年をすぎると回復はさらに緩やかになります。回復が頭打ちになってきても、なんらかの形でリハビリテーションを続けてください。寝たきり、自宅での閉じこもりを続けていると、体の動きが全体的に弱ってきます。

病院だけがリハビリテーションの場ではありません。デイサービスやデイケア、そして日常生活そのものがリハビリテーションの場です。後遺症が残っても、それで人生が終わるわけではありません。患者会の活動などに参加して、少しでも生きがいのある生活をめざすことが重要です。

◎DHA・EPA系のサプリは血液をサラサラにする効果が期待できるので、動脈硬化が進んで発症した方には有効でしょう。

脳梗塞の再発や動脈硬化を防ぐ食事の代表的なものは、ごはん、魚、大豆製品、野菜、海藻などの日本で古来より伝わるメニューとされ、加えて多種多様な食品をバランス良く摂取することも重要です。そして季節の旬の食材を意識してみるのも、食生活を考える上で大切なことだと思いますね。一度日常口にする全ての食品のカロリーを、チェックしてみて下さい。必ずビックリすると思いますよ、摂り過ぎが多いですね。

行者にんにくの写真そして最近注目の成分が硫化アリルです、血液をサラサラにして血中の脂質を下げる働きがあります。ネギ類に含まれる成分です。

「行者ニンニク」の成分を凝縮した全く新しいサプリメント(栄養機能食品)があります。
これは、血液をサラサラする事と 血液中の脂質を下げるという、はっきりとした目的が明確にされていることが特徴です。

※右の写真は、自生している希少植物「行者にんにく」です。ゆっくりと成長するので、たくさん取れません。

血液サラサラ成分のサプリメントを比較

血液の強い味方!アリウムエクセラ(ポーラスターインク)アリウムエクセラ

行者にんにく成分が血流をよくして、高血圧、中性脂肪などを抑制してくれます。
血管をしなやかに保つために、血中の脂質を下げる働きがあるネギ成分がたっぷり入った、まさに血管改善サプリです。抗酸化物質として記憶障害改善作用がある成分抽出は特許です。公式サイトに動画説明や体験談も多く掲載されています。


■DHA&EPA(サントリー)
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
青魚のサラサラ成分、DHAとEPAです。その栄養パワーアップにセサミンとビタミンEもしっかり配合されてます。
※魚の油は、なかなか取りにくい。ついつい肉寄りの食生活になってしまう方は、少しでも補充しましょう。


■黒酢にんにく(サントリー)
【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!
【黒酢にんにく】黒酢とにんにく、2つの元気食材を1粒にぎゅっと凝縮!
黒酢の名付け親でもある鹿児島県の坂元醸造産の“黒酢もろみ”と青森県のブランド種にんにく“福地ホワイト六片”が入ってます。 ※クセの強い黒酢が苦手な方もこれなら楽なソフトカプセルタイプです。


■オルニチン(協和発酵バイオ)
1粒でシジミ300個分のオルニチンを含む健康実感アミノ酸サプリですし、お試し価格ワンコインで購入できるのは嬉しいですね。お酒をたくさん飲まなくてはいけない方には特におすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ