油っぽいドロドロ血

高脂血症は血液が粘って、血管が詰まりやすくなり心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まり、血栓もでき易くなります。血液をサラサラにするための記事です。

LDL(悪玉)コレステロールと中性脂肪を減らし、DL(善玉)コレステロールを増やす食生活を採り入れましよう。

高脂血症のドロドロ血をサラサラにして心筋梗塞再発を止める

キノコ類_マツタケの絵

中性脂肪が多い人は揚げ物などの油ものメニューをひかえて、脂肪分の多い肉はやめて赤身の肉や鶏肉を摂りましょう。 そして食事のときは必ず食物繊維の多い野菜や海草、キノコを食べましょう。脂肪を吸着して排泄する事ができます。

そして脂肪分をあまり摂らなくても、糖質をたくさん摂る事で肝臓で中性脂肪を合成してしまいます。特に甘いものは合成されやすいので、お菓子、フルーツは極力ひかえましょう。ジュース類もダメです。

高コレステロールと言う事は、総コレステロール値・LDL(悪玉)コレステロール値が高いと言う事です。HDL(善玉)コレステロールは相対的に低くなっているはずです。
コレステロールを多く含む食品のバター・卵・レバー・いか・ウニ・魚卵などの摂取を極力控えます。

コレステロールも必要です

コレステロールと言うと即悪者のイメージが強いですが、私達の血管を造っているのもコレステロールですから、多すぎて血液中にあふれたような状態でないようにする事です。

コレステロールを下げる食品として高野豆腐や大豆製品やしいたけなどを積極的に摂り、食物繊維の多い野菜もどんどん摂ってコレステロールの吸収を阻害させましょう。

青魚のDHA・EPAでさらさら

青魚_ムロアジの絵

青魚に多く含まれるEPAエイコサペンタエンサン・DHAドコサヘキサエンサンはコレステロールを低下させますし、リノール酸・リノレン酸を多く含む植物油にも同じくコレステロールを下げる作用があります。そして糖質などを多く摂ると肝臓で中性脂肪を合成してしまいますので、一日の摂取カロリーを良く検討して、食事の内容も含めて注意が必要です。とくに肥満気味の方は体重のコントロールが高脂血症のドロドロ血液を改善するために必要です。

特にお菓子、スナック類、スイーツなどはビックリするくらいにカロリーが高いので、普段口にする食品のカロリーに注目してみましょう。

軽い有酸素運動のウォーキングなどは、運動することで中性脂肪をエネルギーに変えて消費してくれます。そしてHDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあるのです。

硫化アリルでさらさら

そして最近注目の成分がありますそれが、硫化アリルです。ネギ類やにんにくに含まれる成分で、いろいろな効果が大学の研究などで明らかになってきました。
中でも大きな効果が見られるのが、血液をサラサラにする働きです。
なんとなく身体にいいとか、昔から言われていたといった事が由来のサプリメントが多い中で、はっきりと成分と効果を表示している画期的なサプリメントがありますそれがアリウムエクセラです。

血液さらさらのイメージイラスト

食生活の改善と合わせてぜひご検討をいただければ、きっと血液の状態が改善すると確信しています。

成分が違うサプリメントを比較

■アリウムエクセラ(ポーラスターインク)
アリウムエクセラ
行者にんにく成分が血流をよくして、高血圧、中性脂肪などを抑制してくれます。
血液サラサラにする、血中の脂質を抑えるという高機能性食品で、「産官学」プロジェクトから生まれました。その開発までの道のりやメディア取材の動画など公式ページでご覧ください。実体験レビューが多く掲載されていますので、購入する参考になります。初月分無料で11500円、高機能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ