血液サラサラにしたい

心筋梗塞発症時病院での血液検査や精密検査で、全身状態のヒドサを医師から指摘され気落ちされてる方に、畳み掛けるようで気の毒ですが、処方された薬は緊急避難に過ぎません。

死に損なった心筋梗塞、処方薬だけではダメ食生活改善

心筋梗塞で死に損なった方入院していると、基礎体力や筋力が衰えてしまいます。
入院中のリハビリは始まりに過ぎません。一ヶ月前後の入院でも体力の衰えは大変なものです。
いずれ退院すると自己管理のもとで、体力の回復と再発防止のために、運動療法として歩くことから始まります。

適切なリハビリは総コレステロールの値をさげて、善玉コレステロール値を上昇させます。
心筋梗塞や狭心症は冠動脈の動脈硬化が原因であり、適度な運動療法と食事療法で動脈硬化の進行をくい止め、再発予防するのが大切で、運動不足の人は心筋梗塞になりやすいとされますから運動は積極的に行うのが良いでしょう。

心筋梗塞の再発発作は初めに起こってから、数ヶ月の間に起こりやすいので速やかな対処が肝心です。 安静にしすぎるのも健康維持にはマイナスです。医師や看護婦によるサポートのもと、心電図や血圧チェックを欠かさずに運動療法をすれば、心筋梗塞の再発を防ぎ、悪影響を及ぼす高血圧になるのも防止できるでしょう。

◎DHA・EPA系のサプリは血液をサラサラにする効果が期待できるので、(食生活の青魚効果)動脈硬化が進んで発症した方には有効でしょう。

おじさんの顔イラスト

朝晩や歩いてきた後など、負荷のかかり具合に応じて、自宅でも血圧チェックをしましょう。 その日のコンディションに合わせて時間や距離を調整できるウォーキングが最適でしょう。

高齢者の方は、リハビリを怠ると寝たきりになる可能性もあり、身体機能を保つ為にも進んで行うようにします。リハビリで、全身の機能を回復させ、健やかな暮らしが送れるように努めることが必要です。

心筋梗塞の再発や動脈硬化進行を防ぐ食事の代表的なものは、ごはん、魚、大豆製品、野菜、海藻などの日本で古来より伝わるメニューとされ、加えて多種多様な食品をバランス良く摂取することも重要です。

◎ニンニク卵黄系のサプリはアミノサンとビタミンB群の補給が目的で、ある程度の期間摂取して前より元気になったなど 始めて何らかの変化が感じられる事が期待されます。

肉、脂は意識して食べる量を減らし、植物性の油はそこそこに。
そして季節の旬の食材を意識してみるのも、食生活を考える上で大切なことだと思いますね。
冬にきゅうりやトマト食べるなんて、石油を食っている様なものでしょう。

心筋梗塞の他に、動脈硬化を防ぐ意味で食物繊維は十分に摂ることが望ましく、根菜やきのこなどに多く含まれ、コレステロールを吸着し、体外に排出してくれる不溶性食物繊維も摂り入れたい成分の一つでしょう。

海藻やこんにゃく、果物などに多く含まれる水溶性食物繊維は、コレステロールや中性脂肪の合成を防いだり、腸管での糖質吸収を抑える機能も持つ話題の食材です。

抗酸化物質であるビタミンCやE、ベータカロチン、ポリフェノールなどはコレステロールの悪玉化を防ぐ機能を持ち、心筋梗塞の予防に効果的とされます。

◎ニンニク卵黄系のサプリで気になるのは、卵黄というのは高カロリーと高コレステロール食品と言う点でカロリーコントロールをシビアーにやっている方と高脂血症の方は注意が必要ですね。

心筋梗塞などの虚血性心臓病の危険性が低下するという研究結果から注目されるのが葉酸、これは多くの野菜に含まれます。それからビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などで、豚肉などに多く含まれます。これらの栄養素は活性酸素の活発化に関係があり、動脈硬化発症も左右する血液中のホモステインの産生を抑える働きを持ちます。

野菜のイラスト

色々な野菜を食べることによって、まんべんなく取り入れましょう。

生で食べようとするとうんざりする量ですが、お勧めは野菜を蒸してしまいましょう。 かさは減るしうまみが凝縮されるので、ノンオイルドレッシングなどをかけて食べれば、とても美味しく食べられます。

あとは酢の物も良いですよ。

そして最近注目されている成分が硫化アリルです。たまねぎを切るとツーンときますね。
あれなんです。にんにく・にら・らっきょう・玉ねぎ・長ネギ・青ネギ・エシャロットなどに含まれます。硫化アリルには血液をサラサラにする作用と、血中の脂質を下げる作用があります。

とは言ってもこれまでの食生活を、ガラリと変えるのは並大抵の事ではありません。 家族の協力も欠かせませんが、何よりもご自身の自覚と強烈な覚悟が必要です。

行者にんにく

知るひとぞ知る、希少植物「行者ニンニク」の成分を凝縮した全く新しいサプリメント(栄養機能食品)があります。これは、血液をサラサラする事と血液中の脂質を下げるという、はっきりとした目的が明確にされていることが特徴です。

人気売れ筋の機能性補助食品の成分で比較

■アリウムエクセラ(ポーラスターインク)
アリウムエクセラ
行者にんにく成分が血流をサラサラよくして、高血圧、中性脂肪などを抑制してくれます。
血液と血管と脳が健康に保たれることが一番肝心です。昔から身体にいいとされてきた行者ニンニクが、高機能栄養食品として食べられます。「産官学」プロジェクトから生まれたサプリで、公式サイトには、データや動画で詳しく語られています。また体験レビュー数が100件以上掲載。


■DHA&EPA(サントリー)
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
【DHA&EPA+セサミンE】青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
青魚のサラサラ成分、DHAとEPAです。その栄養パワーアップにセサミンとビタミンEもしっかり配合されてます。


■やずやのにんにく卵黄(やずや)
やずやのにんにく卵黄
にんにく卵黄⇒10日分増量!
青森県産の「福地ホワイト六片」“にんにく”と海と山の恵みだけで育った鶏の有精卵の“卵黄”をギュッとカプセルに詰めた健康補助食品です。
※カロリー制限をしている方は、卵黄にも配慮が必要です。


■熟成にんにく卵黄(八幡)
やわたの熟成にんにく卵黄
朝から元気に過ごしたい方におすすめ!やわたの【熟成にんにく卵黄】
青森県産にんにく、熊本県産有精卵など厳選素材のみ使用で、安全かつ栄養価の高いにんにく卵黄です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ